トップページ > やはた歯科ブログ > 予防

やはた歯科ブログ

予防
2017/06/29

フッ素塗布について

姫路市の網干駅近くの勝原区で歯科医院をしています八幡です。

今回は歯科医院で行っているフッ素塗布についてお話しします。

フッ素塗布はどんな効果があるのかをまず説明いたします。

プラ-クが、口の中では必ず発生し、これが虫歯と歯周病の原因になります。フッ素を歯に塗ることの効能はたくさんあげられます。いちばんは、プラ-ク対策でしょう。フッ素を用いることで、プラークの原因となる酸の生成を抑えて、さらには、とろとろと口の中で 溶けだし歯のカルシウムの再石灰化を進めます。その結果として、歯を酸に強い歯質へと改善することができます。

具体的には、歯の内側を守っているエナメル質と一緒になって、フルオロアパタイトの強固な層を形成し歯を強化するのです。

大きな効果の期待できるフッ素塗布は、歯科医院で年に2回~4回程度で歯科医院専用のフッ素濃度の高いものを使い行います。塗布のやり方には、歯1本ずつフッ素を塗っていく歯面塗布法や、トレー法というマウスピースにフッ素を入れたものを3分~4分噛む方法があります。それ以外に、 歯に浸透させるトレー法に電流を流してフッ素の定着効果を上げるイオン導入法もよく使われます。

それと 様々な実験でフッ素の安全性は確認されていますが、一方では現実にフッ素を過剰に摂取しすぎると、フッ素急性中毒といって吐き気・嘔吐などの症状が見られることがあります。フッ素入りの歯磨き粉を食するようなことは避けるべきでしょう。

当院でも行っているやり方ですが 定期健診のたびにフッ素塗布をするのが虫歯予防にオススメです。

予防
2017/06/15

歯間ブラシとフロスの使いかたについて

姫路市の網干駅近くの勝原区で歯科医院をしています八幡です。

今回は歯間ブラシとフロスの使いかたに説明します。

歯間ブラシとフロスはともに、歯と歯の隙間の汚れを、そぎ落とすアイテムです。普通の歯磨きでは綺麗に取り除けない汚れ、つまりを取るのに使用するのが、歯間ブラシとフロスになります。

完全に形が違うので間違うことは有りません。歯と歯の隙間が狭い箇所にはデンタルフロスが、隙間の幅が少し広い場合には歯間ブラシが適しています。使いやすさは歯間ブラシの方が上ですが、良く取れるのはフロスということになります。歯科医とその関係者は、フロスの愛用者が多いと言われています。虫歯予防 歯周病予防には最適のアイテムです。歯間ブラシとフロス使い分けは歯の隙間に合わせて選ぶのが良いのです。

ちなみに、歯間ブラシにはサイズがあり、一番小さなサイズが入らない・うまく動かせないという時には、フロスが良いでしょう。特に、 健康な歯茎のばあい、歯と歯の隙間が当然狭いので歯間ブラシではきつく、役に立たないだけではなくて、歯茎が傷ついてしまうことも有ります。そんな場合は、フロスを使用するべきです。最初、フロスに対して抵抗のある人もいますが、慣れると自在に使えるようになります。口の中でも、歯と歯との間の隙間が、箇所ごとで異なるので歯間ブラシとフロスを場所で使い分けることで確実に歯と歯の隙間の汚れを取り除くことができます。歯間ブラシにはサイズもあるので、隙間の大きさで合わせて最適の物を使用するべきです。その為には数本の異なる大きさの歯間ブラシを持っておきましょう。まだ 使ったことのない方は 歯科医院での適切な指導を受けられて 自分にあったものを購入されることをお勧めいたします。

 

ページの先頭へ戻る